令和2年度・臨床検査データ標準化事業への参加について

臨床検査データ標準化事業の意義

広臨技会員の皆様には、平素より臨床検査データ標準化事業にご理解をいただきありがとうございます。平成26年度から、共用基準範囲が日本臨床検査標準協議会(JCCLS)より提唱され、国立大学病院他、多数の施設で順次採用を検討されております。

しかし、この臨床検査基準範囲の利用には、以下の条件がつけられております。測定法が標準化されたものを採用し、適切な精度管理を行っている施設だけが使用することができます。

日臨技精度保証(標準化事業)は、「いつ、どこの医療機関で検査を受けても同じ結果が出る」ことを主目的とし、その目的達成のため「測定値の標準化」、「標準物質の整備」、「内部精度管理の啓蒙」を行うものです。

具体的には、施設間での検査値の互換性確保のためのプロジェクトです。広臨技標準化事業では、プール血清やヒト血液を使用し、より日常業務に近い状態で施設間の検査値を比較しております。本調査では通常の精度管理調査と異なり、生化学・免疫では3日間のデータを報告していただくことで施設内変動の評価も行っております。また、今年度より結果の入力、結果・評価の閲覧にWEBシステムを導入しました。

是非、以上の趣旨にご賛同頂き参加くださるようお願い申し上げます。

(令和元年度の参加73施設の方も改めて参加の申し込みをお願いします)

令和2年度の標準化事業のスケジュール

参加申し込み:令和2年10月1日 ~ 10月31日
サーベイ実施日:令和2年12月16日 ~ 18日
結果報告 : 令和3年4月(予定)
報告会 : 未定 (新型コロナウイルスの感染状況により、中止となる可能性があります)

参加されたご施設には、専用のメーリングリストに登録させていただきます。
精度管理システムの施設ID配布、結果入力、お知らせ等、ご連絡させて頂きます。またご質問等も承ります。(必ず、連絡の取れるメールアドレスで登録する事)


■申込開始日 :令和2年10月 1日(木)より
■申込締切日 :令和2年10月31日(土)まで

申し込みフォームに入力後「送信する」ボタンを1回だけ、クリックしてください。
 *誤って複数回送信した場合にはご連絡ください。


    ■お問い合わせ 
    臨床検査データ標準化委員会委員長
    広島大学病院  
    森本 隆行
    メールアドレス:tm1207@hiroshima-u.ac.jp      
    ℡:082-257-5550           

    日臨技より「新型コロナウィルス感染症対策における日臨技認定制度の今年度一年間の凍結について」通知が配信されましたので至急お知らせいたします。ご確認いただき関係会員様へご連絡願います。

    2日臨技発第18号

    担当者:広臨技 事務局 三舛正志

    新型コロナウイルス感染症の発生・対応 等については、テレビ、新聞等で報道 されており、 既に 周知のことと存じますが、今般 、政府の新型コロナウイルス感 染症対策本部の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議において、別添のと おり「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安」が取りまとめら れ、公表されたのを受け 「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目 安」を踏まえた対応について 厚生労働省医政局 総務課 令和 2 年 2 月 18 日付 けで日臨技を通じて事務連絡が発出されましたので広臨技の皆様へご連絡致します。職員さんも含め患者様が適切な相談並びに受信がなされるようご対応にお役立てください。

    資料① 厚生労働省医政局総務課 事務連絡「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安」を踏まえた対応について  

    資料②「新型コロナウイルス感染症についての相談・受 診の目安」

    資料③「新型コロナウイルスを防ぐには」

    情報提供 事務局 三舛正志  令和2年2月19日

    平素は、技師会活動に格別のご支援とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。

    さて、この度賛助会員様への情報伝達ツールとしてメールマガジンの準備が整いましたのでお知らせします。

     令和元年度新規および継続賛助会員手続にて、メールアドレスをご登録いただきました連絡責任者様においては、既にメールマガジンにてご連絡をさせていただきました。なお、メールアドレスを申請時ご登録されていない賛助会員様においては、未登録ですので事務局へお知らせください。

    現在は一社一名のご登録ですが、追加でメールマガジン登録(一社複数名)が可能です。広臨技ウエブサイト フッターの賛助会員にメルマガ申し込みフォームにご入力ください。 https://www.hiroringi.or.jp/賛助会員の皆様へ/

    広臨技 事務局 三舛正志

    広臨技会員、賛助会員の皆さまには平素より、会の運営にご理解とご協力、ご支援を賜り有り難うございます。

    この度、広臨技は会員のための情報伝達ツール『広臨技MLコミュ』として使用してまいりましたメーリングリスト事業を終了するとの通知をGMO事務局より伝達されました。そこで、本会は新たな情報伝達ツールとして「広臨技メールマガジン」を構築致しましたのでお知らせします。本メールマガジンは広臨技ウエブサイト(広臨技が運営する公式サイト)の機能を利用するため、①広臨技ウエブサイトに会員登録。次いで②広臨技メールマガジンの購読登録が必要となります。会員の皆様の購読が進まなければ有効な情報伝達の機能を発揮することができません。ご多忙とは存じますが、是非!早急な登録をお願い致します。また、広臨技MLコミュご利用以外の会員の皆様にもお声かけお願いします。      説明資料:広臨技事務局からのお願い

    担当:広臨技事務局 問い合せ先 : webmaster@hiroringi.or.jp

    1)【広臨技ウエブサイト】会員登録手順

    PCもしくはスマートデバイスにて『広臨技』で検索し広臨技ウエブサイトを表示します。

     会員メニュー 会員登録フォーム https://www.hiroringi.or.jp/mem-reg/ 

    必要な情報を入力 登録 

    2日以内(土日祝日除く)に承認通知が登録アドレスにメールで送られてきます。 引き続き メールマガジン登録ページへ進みます。 

    2)【広臨技メールマガジン】登録手順

    まず、広臨技ウエブサイトにログイン https://www.hiroringi.or.jp します。

    会員メニューの中の メールマガジン登録ページhttps://www.hiroringi.or.jp/メールマガジン登録ページ/ へ

    登録するマガジン 1,広臨技メールマガジン 2,地区メールマガジン(呉地区または東部地区の会員のみ)

    購読! を押すと、ロボットではないことを確認してください。と表示されますので

    キーを入力して再度 購読!

    受信ボックス又は迷惑メールフォルダを確認して購読手続きを完了してください。

    しばらくして広島県臨床検査技師会より承認メールが届きます。

    件名:広臨技WEBメールマガジンの購読を承認する
    送信元:広臨技WEB <e-zine@hiroringi.or.jp>

    本文
    こんにちは
    広島県臨床検査技師会メールマガジンを購読しました。
    以下のリンクをクリックして、 1.広臨技メールマガジン, に登録を確認してください:
    購読手続きを確認するには、ここをクリックしてください 

    ありがとうございました。

    以上本文中のここをクリック ←をクリックするとサイトの完了ページが表示されますと登録完了になります。ここまでしないと完了致しません!

    その他、 説明資料:広臨技事務局からのお願い  をご参照ください。